任意売却 救済法●手遅れになる前に

秘密厳守!ご相談は●TEL:047-495-0088
住宅ローン返済に困ったら、早めに任意売却の決断を。
株式会社エイトは、あなたの立場に立って支援します。

HOME > 競売との違い

競売との違い

即立ち退き!売却価格も安く、自己負担費用もかかる
競売にメリットなし!

任意売却と競売では様々な違いがあります。なぜ弊社が任意売却をおすすめするか、その理由は下記をご覧いただければご理解いただけます。

  ■金銭面

任意売却
相場に近い価格で売却できるため債権者(金融機関)に多く返済できる。競売よりも残債が少なくなる。
競  売
中を見ずに入札するため、相場の60~70%で落札されることが多く残債が多く残る。

  ■引っ越し費用

任意売却
債権者(金融機関)との話し合いによって、引っ越し費用を受け取れる。
競  売
売却代金はすべて債権者(金融機関)への支払いになるため、引っ越し費用は全額を(自分で)負担することになる。

  ■プライバシー

任意売却
販売物件の広告方法が一般の売買取引と同じで、近隣には「ローンが支払えないために売却する」という事情は知られない。
競  売
インターネットや新聞などで競売物件の情報が開示され、競売に入札する不動産会社が近隣の聞き取り調査を始めるため、近隣に競売にかかったことが知れ渡る。

  ■引渡し

任意売却
買主との話し合いのもとに引渡日を決定するため、段取りよく引っ越しが行える。
競  売
競売での落札後に住居を明け渡さない場合には、執行官による強制執行が行われる。これに抵抗した場合は部屋の鍵をこじ開けて家財道具などもすべて運び出される。

  ■債権者(金融機関)との交渉

任意売却
当社が債権者(金融機関)や債権回収会社と交渉することによって債務が圧縮されたり、支払い額が大幅に減額されたりすることもある。
競  売
競売になっても債務は残り、残った債務の交渉などは自分で行わなくてはならない。債権者(金融機関)に柔軟に対応してもらうことは困難で、残債の一括返済を迫られる。